問診でのポイント|内科の病院を受診して病気をしっかりと治療しましょう

Hospital.net

内科の病院へ行ったら医師に細かく症状を伝えること

問診でのポイント

ナース

どれくらい困っているか伝える

世田谷区の内科では、問診によって病気を特定することが多いでしょう。まずは、自分がどれくらい困っているかを伝える必要があります。何にどのくらい困っているかをハッキリさせる必要があるのです。例えば、痛みによって仕事に集中できないなどです。また、大きな病気を疑っている場合は、疑いのある病気についても申し付けておきましょう。その病気の可能性についても調べてくれます。

正確な部位

症状を説明する時に大切なのが、正確な部位を伝えることです。単純に「お腹が痛い」「胸が痛い」といっても、正確な場所を特定することが難しいと言えるでしょう。そのため、できるだけ正確に痛みがある部位を伝えます。また、痛みが広がっている場合はそのことも隠さずに医師に伝えておきましょう。痛みの広がり方によって、病気を突き止めることができるのです。部位と、痛みの広がりについて正確に伝えましょう。

症状を表現

痛みにも様々な種類があるでしょう。この、痛みの種類によって病気を特定することができるので、医師に正確に伝えるようにしましょう。基本的に「ズキズキ」「キリキリ」といったように細かく表現するようにします。また、症状の強さも重要なポイントとなるのです。例えば、10段階で表現すると良いでしょう。これまで一番痛かった痛みを10として、今はどのくらいの痛みなのかを伝えます。具体的にわかりやすいように伝えるのがポイントになります。

広告募集中